ドラフトの通信簿

NPBドラフトにおける、各球団の指名結果を採点します。

2018年ドラフト<阪神タイガース編>更新版

以前、タイガースの2018年ドラフトについて、このような記事を書きました。

 

koryusai.hatenablog.com

 

上記記事は19年シーズン1年分のみに基づいた評価でしたので、20年シーズンの結果を反映させ、2年分の成績で再評価を試みたいと思います。どのような選手が伸びてきたのでしょうか。
選手名の横の数値は、20年シーズン終了までの通算成績、横の数値は20年シーズンで積み上げた数値です。

 

外れ 藤原恭大
外れ 辰己涼介
1位 近本光司 298 +139
2位 小幡竜平  28  +28
3位 木浪聖也 196  +74
4位 齋藤友貴哉  9   +7
5位 川原陸    0
6位 湯浅京己   0
育1 片山雄哉   0

 

1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで531Pになります。


1位の近本は、大卒で社会人野球を経て2年目の今季、開幕こそ出遅れましたが、攻守でチームを牽引する活躍でした。デビューから2年連続で盗塁王のタイトルを獲得した走力はもちろんのこと、選球眼と守備力が向上し、大山・梅野と並ぶチームの柱になった感があります。


2位の小幡は、身長184cmの大型遊撃手。高卒2年目の今季は本職ではない二塁手と、本職の遊撃手での出場機会を得ました。どちらで出場しても非凡な守備センスを感じましたが、本職と逆の動きになる二塁手では不慣れさを感じたので、まずは遊撃手で起用してほしいところ。将来的なレギュラー取りが期待されます。


3位の木浪は大卒で社会人野球を経た遊撃手。1年目の昨季は113試合に出場しますが、拙守でチームの守備崩壊の一因になってしまいます。今季は守備力が大幅に向上しましたが、9月下旬に「感染拡大防止特約2020」による入れ替えで抹消。(この間に小幡が遊撃手で出場していました。)チームはドラフトで新たな遊撃手(中野)を獲得しており、まだまだ遊撃手のレギュラー争いは続きます。

2018年ドラフト<横浜Denaベイスターズ編>更新版

以前、ベイスターズの2018年ドラフトについて、このような記事を書きました。

 

koryusai.hatenablog.com

 

上記記事は19年シーズン1年分のみに基づいた評価でしたので、20年シーズンの結果を反映させ、2年分の成績で再評価を試みたいと思います。どのような選手が伸びてきたのでしょうか。
選手名の横の数値は、20年シーズン終了までの通算成績、横の数値は20年シーズンで積み上げた数値です。

 

外れ 小園海斗
1位 上茶谷大河 193 +59
2位 伊藤裕季也  19  +4
3位 大貫晋一  180.1 +113.2
4位 勝又温史    0
5位 益子京右    0
6位 知野直人    0
育1 宮城滝太    0

 

1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで392.1Pになります。


1位の上茶谷は大卒1年目からローテを守り、7勝6敗で防御率3.96の成績を残しました。2年目の今季は怪我に苦しみ、11試合の登板で2勝3敗の防御率4.12で終わってしまいます。


代わりに伸びたのが3位の大貫。大卒で社会人野球を経て2年目の今季は、19先発で10勝6敗で防御率2.53と、チームの柱になる成績を残しました。


2位の伊藤は大卒1年目の昨季に、57打席ながらOPSで.929という打撃を披露。2年目の今季は期待されましたが4安打に終わりました。チームは最新のドラフトで同じタイプの牧を獲得。立場が危うくなってきました。

2018年ドラフト<東北楽天ゴールデンイーグルス編>更新版

以前、イーグルスの2018年ドラフトについて、このような記事を書きました。

 

koryusai.hatenablog.com

 

上記記事は19年シーズン1年分のみに基づいた評価でしたので、20年シーズンの結果を反映させ、2年分の成績で再評価を試みたいと思います。どのような選手が伸びてきたのでしょうか。
選手名の横の数値は、20年シーズン終了までの通算成績、横の数値は20年シーズンで積み上げた数値です。

 

外れ 藤原恭大
1位 辰己涼介 128 +56
2位 太田光   47 +26
3位 引地秀一郎  0
4位 弓削隼人  93.2 +50.1
5位 佐藤智輝   0
6位 渡邊佳明  69 +20
7位 小郷裕哉  36 +31
8位 鈴木翔天   1.1 +1.1
育1 清宮虎多朗  0
育2 則本佳樹   0

 

1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで375Pになります。


1位の辰巳はルーキーイヤーの19年、田中和基の故障離脱によって中堅手のレギュラーに定着しました。OPSは.639でしたが、球界トップクラスの守備力を披露していたので、このまま守備を買われて起用されているうちに打撃が良くなっていくパターンだろうなと思っていたのですが…。今季は守備で雑なプレーが目立ち、打撃の方もあまり成長がなく、田中和基と出場機会を分け合う結果になりました。2人とも打席数は282で、OPSは辰巳が.664、田中が.687と、どっこいどっこいの成績。この2人にはもうワンランク上の成績を期待したいですね。


2位の太田は開幕スタメンに抜擢されると、攻守に素晴らしいプレーを披露し、正捕手争いで一番手に立ったと思われたのですが、9月下旬に左肩関節唇損傷でシーズンエンドとなりました。利き腕ではないので、打撃や送球にはそれほどの影響はないと思われますが、捕球には影響がないのかが心配です。石井監督は太田を正捕手にという考えをもっているようですが、どうなるでしょうか。


4位の弓削は、19年に7先発し、20年も10先発したのですが、防御率は3.74から5.01と悪化。


期待が大きいのは7位の小郷でしょうか。今季は129打席でOPSは.843と大きく飛躍しました。来季は右翼か左翼でのレギュラー取りに期待がかかります。

2018年ドラフト<オリックスバファローズ編>更新版

以前、バファローズの2018年ドラフトについて、このような記事を書きました。

 

koryusai.hatenablog.com

 

上記記事は19年シーズン1年分のみに基づいた評価でしたので、20年シーズンの結果を反映させ、2年分の成績で再評価を試みたいと思います。どのような選手が伸びてきたのでしょうか。
選手名の横の数値は、20年シーズン終了までの通算成績、横の数値は20年シーズンで積み上げた数値です。

 

外れ 小園海斗
1位 太田椋  14   +14
2位 頓宮裕真 28   +10
3位 荒西祐大 83   +31.1
4位 富山凌雅 20.1 +18.1
5位 宜保翔   8    +2
6位 左澤優   4.1  +1.1
7位 中川圭太 126  +21
育1 漆原大晟 23.2 +23.2

 

1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで307.1Pになります。


昨年はルーキーながら105安打を打った中川ですが、今季は大失速。ファームでは無双するのですが、1軍では大苦戦で21安打の上積みに留まってしまいます。1年目の活躍はマグレだったのでしょうか…


1位の太田は期待の大きい高卒野手。2年目の今季は7月に1軍昇格すると、プロ初安打を本塁打で記録。怪我で離脱するまでに、ops.785の好成績を残しました。長打の期待できる内野手はこのチームには貴重です。遊撃手か三塁主か、どちらかでのレギュラー獲得が切望されます。


2位の頓宮は、こちらも期待の大きい大卒捕手。2年目の今季は怪我に泣かされ、一軍昇格は10月下旬になってしまいましたが、ops.965の好成績を残しました。1年通して1軍にいた場合にどのような成績を残すのか気になります。守備型の若月、打撃型の伏見とのレギュラー争いを来季は通年で見たいものです。

2018年ドラフト<埼玉西武ライオンズ編>更新版

以前、ライオンズの2018年ドラフトについて、このような記事を書きました。

 

koryusai.hatenablog.com

 

上記記事は19年シーズン1年分のみに基づいた評価でしたので、20年シーズンの結果を反映させ、2年分の成績で再評価を試みたいと思います。どのような選手が伸びてきたのでしょうか。
選手名の横の数値は、20年シーズン終了までの通算成績、横の数値は20年シーズンで積み上げた数値です。

 

1位 松本航 188.1 +103
2位 渡邉勇太朗 0
3位 山野辺翔 15 +14
4位 粟津凱士  2  +0
5位 牧野翔矢  0
6位 森脇亮介 77.2 +46.2
7位 佐藤龍世 13  +0
育1 東野葵   0
育2 大窪士夢  0
育3 中熊大智  0

 

1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで296Pになります。


1位の松本は大卒1年目からローテを守り、1年目は16先発で防御率4.54、2年目は20先発で防御率4.37の成績を残しています。ローテを守るのは立派ですが、投球内容にあまり進歩が見られなかったのは残念です。もっと投手の層が厚いチームであればこれだけ試合に出られていない気がします。


20年に一番伸びたのは、6位の森脇。大卒、社会人野球を経て2年目の今季は、47登板で7勝1敗1S16Hで防御率1.35の好成績を残しました。ライオンズのブルペン陣が整備されてきているのを感じます。

2018年ドラフト<読売ジャイアンツ編>更新版

以前、ジャイアンツの2018年ドラフトについて、このような記事を書きました。

 

koryusai.hatenablog.com

 

上記記事は19年シーズン1年分のみに基づいた評価でしたので、20年シーズンの結果を反映させ、2年分の成績で再評価を試みたいと思います。どのような選手が伸びてきたのでしょうか。
選手名の横の数値は、20年シーズン終了までの通算成績、横の数値は20年シーズンで積み上げた数値です。

 

外れ 根尾昴
外れ 辰己涼介
1位 髙橋優貴 116  +23
2位 増田陸    0
3位 直江大輔  12  +12
4位 横川凱    5.2 +5.2
5位 松井義弥   0
6位 戸郷翔征 116.1 +107.2
育1 山下航汰   2   +0
育2 平井快青   0
育3 沼田翔平   4.1 +4.1
育4 黒田響生   0

 

1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで256.1Pになります。


1位の髙橋は大卒左腕。1年目はローテを1年間守りましたが、2年目は肘痛に苦しみました。日本シリーズでは中継ぎも経験しましたが、来季はまた先発として復帰を目指します。


今季一番伸びたのは、6位の戸郷。高卒2年目の今季は一気に飛躍。先発ローテを1年間守り、2ケタ勝利まであと一歩の9勝6敗で防御率2.76の好成績を残し、次世代エースの可能性を感じさせます。


3位の直江は、高卒2年目の今オフ、椎間板ヘルニアの手術を受けて育成契約となりました。また、トッププロスペクトであった育1の山下も、右手有鈎骨骨折からの復帰に専念するため再度育成契約となりました。

2018年ドラフト<野手ファーム成績編>更新版

12球団中、6球団を見てきたところですが、ここで、野手ファーム成績をまとめておこうかと思います。
以前、2018年ドラフト組の19年シーズンのファーム成績について、このような記事を書きました。

koryusai.hatenablog.com

 

この記事では、2018年ドラフト組の20年シーズンのファーム成績についてチェックしていきます。
ファームで20年シーズンに規定打席以上与えられた選手を中心に、名前・球団・打席数・OPS・BB/Kの順に記載しており、BB/Kの値でソートしています。
BB/K、つまり1回三振するまでに何個の四球を取るかを示す数値で選球眼の指標ですが、この数値が高いほど1軍で通用する可能性が高いと言われています。(OPSが高くてもBB/Kが低くミスの多い選手は、「二軍の帝王」化する可能性が高いです。)

 

<高卒選手>
野村 SB 3位 254 .698 .818
小園 広島 1位 266 .749 .545
太田 オリ 1位 166 .698 .513
林  広島 3位 288 .762 .442
濱田 ヤク 4位 237 .699 .431
小幡 阪神 2位 116 .659 .421
増田 読売 2位 154 .456 .391
藤原 ロッ 1位 263 .708 .387
山口 ロッ 4位 267 .708 .373
万波 ハム 4位 240 .678 .356
羽月 広島 7位 165 .787 .314
根尾 中日 1位 307 .637 .290
中神 広島 4位 149 .547 .276
石橋 中日 4位 159 .818 .250

 

高い選球眼をみせたのは、ホークスの野村大樹です。ポジションは三塁手ということで、松田の後継者はこの選手なのかもしれません。まだOPSは物足りないですが素質は感じます。
小園はOPSとBB/Kの両方で昨年から伸び、1軍レベルに近づきつつあります。太田は今季すでに1軍でOPS.785でした。この2人は来季は1軍でしょう。タイガースの小幡は打撃の方はまだ物足りませんが、遊撃守備は1軍でも通用するところを今季見せました。来季は1軍が主戦場になるのではないでしょうか。
その他の面々も、昨年より成績を伸ばしています。本塁打の魅力があるのは、濱田(11本)林(9本)万波(8本)藤原(7本)山口(7本)あたりでしょうか。濱田と林は選球眼という点で1軍レベルにあと一歩です。その他はまだやや粗いですかね。マリーンズは藤原への注目度が高いですが、盗塁以外の成績では4位の山口も藤原に見劣りしません。


厳しいのが、根尾。昨季よりも選球眼は向上したとはいえ、まだまだ低い。本塁打は5本打っているのですが、この選球眼では1軍はほど遠いと言わざるを得ません。
ジャイアンツの増田というのは増田陸で、1軍でおなじみの増田大輝(15年育1)ではありませんのでご注意を。昨季は故障でファームでも出場なしでしたが、今季は試合に出始めました。まずは第一歩というところでしょうか。

 

<大卒選手>
大盛 広島 育1   81 .784  2.167
中川 オリ 7位 154 .972  2.125
渡邊 楽天 6位 180 .740  1.813
正随 広島 6位 185 .803 .960
滝野 中日 6位 202 .590 .579
中山 ヤク 2位 150 .648 .565
小郷 楽天 7位 171 .728 .525
伊藤 De 2位 265 .703 .466
中熊 西武 育3 188 .702 .259

 

ずば抜けた成績を残した選手が3名います。カープの大盛は1軍でOPS.703の成績を残し、スタメン起用も経験しました。バファローズの中川は1軍でOPS.403と、昨季を大きく下回る成績に終わってしまいます。イーグルスの渡邊は内外野どこでも守れるユーティリティですが、小深田の台頭で出番を減らしてしまいました。三者三様なのが、野球の難しいところですね。

期待の割に残念だったのが、スワローズ2位の中山と、ベイスターズ2位の伊藤でしょうか。2人ともまだ粗さのある成績です。

また、イーグルスの小郷は、1軍でOPS.843、本塁打も4本打っており、一躍注目される存在になりました。

 

<社会人野球・独立リーグ経由選手>
片山 阪神 育1 242 .601 1.000
吉田 ヤク 8位 144 .697 .579
海老原ハム 育1 176 .800 .500
松本 ヤク 育2 242 .724 .424
知野 De 6位 258 .661 .404

 

ファイターズの海老原は10本塁打を打っています。支配下登録を勝ち取れるかどうか、来季は勝負の1年になりそうです。