ドラフトの通信簿

NPBドラフトにおける、各球団の指名結果を採点します。

2017年ドラフト<集計編>更新版

以前、2017年ドラフトについて、このような記事を書きました。

 

koryusai.hatenablog.com

 

上記記事は18-19年シーズン2年分のみに基づいた評価でしたので、20年シーズンの結果を反映させ、3年分の成績で再評価を試みたいと思います。順位に変動はあったでしょうか。(ポイントの横は、獲得した主要選手です。)

 

オリ 781   田嶋・鈴木・福田
SB 569   高橋・周東・大竹 (増田・尾形・リチャード)
De 550.1 東・神里
ロッ 529.2 安田・藤岡・菅野・和田
ヤク 506.1 村上・塩見・宮本
読売 485.2 岸田・大城・若林 (北村)
阪神 311.2 馬場・髙橋
ハム 249.2 (清宮)
広島 230.2 ケムナ・遠藤(中村)
西武 221.1 平良 (高木)
中日 226.2 なし
楽天 130   (山崎)

 

個々のチームの評価の前に全体としての評価ですが、この1年前の16年ドラフトに比べてポイントが少ないです。(16年ドラフトの集計結果では、17-19年の3カ年の集計で1000ポイントを超えるチームが2チームありました。)ドラフト時には清宮に7球団が競合しましたが、これも他に目玉になるような素材がいなかったからかもしれません。相対的に不作年といえそうです。


20年シーズンの結果で順位を上げたのは、上位層では、ホークス、マリーンズ、スワローズの3チームです。ホークスは周東がスタメンに定着、マリーンズでは安田を辛抱して起用し、菅野がレギュラー級の活躍、スワローズは村上はもちろんとして塩見や宮本が頭角を現してきました。


上位層で順位を落としたのは、ベイスターズジャイアンツ。特にベイスターズは、東がTJ手術になったことと、梶谷が通年で頑張ったため神里の出番が少なくなったことが影響しました。


下位層で順位を上げたのは、ライオンズとカープ。共に若手投手が伸びてきました。順位を落としたのは、ドラゴンズとイーグルス。また、清宮が伸び悩むようだとファイターズも今後は暗いです。


さて、ここまでほぼ1日1回の更新をしてきましたが、記事にするネタが尽きましたのでしばし休眠したいと思います。読んでくださった方ありがとうございました。またネタがたまったところで記事にしていこうと思います。

2017年ドラフト<オリックスバファローズ編>更新版

以前、バファローズの2017年ドラフトについて、このような記事を書きました。

 

koryusai.hatenablog.com

 

上記記事は18-19年シーズン2年分のみに基づいた評価でしたので、20年シーズンの結果を反映させ、3年分の成績で再評価を試みたいと思います。どのような選手が伸びてきたのでしょうか。
選手名の横の数値は、20年シーズン終了までの通算成績、横の数値は20年シーズンで積み上げた数値です。

   

1位 田嶋大樹 240.2 +122.1
2位 鈴木康平 123.1  +13.2
3位 福田周平 268 +67
4位 本田仁海   4  +4
5位 西村凌   40 +10
6位 西浦颯大  61 +17
7位 廣澤伸哉   3  +3
8位 山足達也  41 +21
育1 稲富宏樹   0
育2 東晃平    0
育3 比屋根彰人  0
育4 木須デソウザフェリペ 0

 

1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで781Pになります。


1位の田嶋は高卒・社会人経由の左腕投手。1年目から先発ローテ入りしますが、3年目の20年シーズンに初めて通年でローテを守り、20先発で4勝6敗でした。24歳とまだ若く伸びしろを感じますので、新シーズンではさらに勝ち星を増やしたいですね。


2位のK鈴木は大卒・社会人経由の右腕。2年目にローテを通年で守ったのですが、3年目の今季は失速してしまいました。中継ぎ適性がありそうなので、先発として結果がでないようであれば、中継ぎ転向はアリだと思います。


3位の福田は小柄ながら、堅実な二塁守備と高い出塁力が魅力的な内野手バファローズの二塁は、大城か福田かという二択ですが、20年シーズンでは大城が打撃不振に苦しむ間、福田が怪我で出遅れたために、チームは非常に苦しみました。新シーズンでは通年で出場したいところです。

2017年ドラフト<横浜Denaベイスターズ編>更新版

以前、ベイスターズの2017年ドラフトについて、このような記事を書きました。

 

koryusai.hatenablog.com

 

上記記事は18-19年シーズン2年分のみに基づいた評価でしたので、20年シーズンの結果を反映させ、3年分の成績で再評価を試みたいと思います。どのような選手が伸びてきたのでしょうか。
選手名の横の数値は、20年シーズン終了までの通算成績、横の数値は20年シーズンで積み上げた数値です。

 

1位 東克樹  192.1  +0
2位 神里和毅 233 +52
3位 阪口皓亮  19.2 +12
4位 齋藤俊介  25  +0
5位 櫻井周斗  24  +7.1
6位 寺田光輝   0
7位 宮本秀明   6  +2
8位 楠本泰史  34  +4
9位 山本祐大   5  +0
育1 中川虎大  11.1 +6.1

 

1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで550.1Pになります。


1位の東は、一本釣りで獲得した大卒左腕。1年目は11勝5敗で新人王のタイトルを獲得し、見事に期待に応えます。ところが2年目には肘の炎症で7登板に留まり、3年目の20年シーズンは開幕前にトミージョン手術になりました。新シーズンでは復帰なるでしょうか。


2位の神里は、大卒後に社会人を経由して入団した、走攻守の全てに秀でた外野手。球界トップクラスの中堅守備を誇ります。1年目から開幕スタメンで起用され、2年目には中堅手のレギュラーを獲得しました。ところが3年目の20年シーズンでは、復活した梶谷にポジションを奪われてしまいます。梶谷がFA移籍して迎える新シーズンは、神里がレギュラーに返り咲きしそうです。

2017年ドラフト<福岡ソフトバンクホークス編>更新版

以前、ホークスの2017年ドラフトについて、このような記事を書きました。

 

koryusai.hatenablog.com

 

上記記事は18-19年シーズン2年分のみに基づいた評価でしたので、20年シーズンの結果を反映させ、3年分の成績で再評価を試みたいと思います。どのような選手が伸びてきたのでしょうか。
選手名の横の数値は、20年シーズン終了までの通算成績、横の数値は20年シーズンで積み上げた数値です。

 

外れ 清宮幸太郎
外れ 安田尚憲
外れ 馬場皐輔
1位 吉住晴斗    0
2位 高橋礼   224 +51
3位 増田珠     0
4位 椎野新    59 +11
5位 田浦文丸   10  +0
育1 尾形崇斗    1  +1
育2 周東佑京  103 +83
育3 砂川リチャード 0
育4 大竹耕太郎 170.1 +15.2
育5 日暮矢麻人   0
育6 渡邉雄大    1.2 +1.2

 

1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで569Pになります。


1位の吉住は、1軍登板のないままわずか3年で自由契約となりました。現役引退を考えていたということですが、ダルビッシュの説得で翻意して育成契約となったようです。(正直、獲得の経緯からして謎の多い選手でして、駄目なら駄目で早めに野球に見切りをつけるのは大事かなと思うのですが…)


2位の高橋は、長身アンダースローの変則右腕。大卒2年目の昨季には先発ローテ入りして12勝6敗の好成績を残したのですが、3年目の今季はチーム事情で中継ぎに転向しました。中継ぎとしても素晴らしい成績なのですが、先発ができる力量があるのにもったいないと感じてしまいます。層の厚いホークスならではの選手運用でしょうか。


育成2位の周東は、大卒で入団。2年目のシーズン開幕前に支配下登録されると、25盗塁でブレイク。3年目の今季は初盗塁が7月24日だったにも関わらずそこから一気に50盗塁を記録、日本新記録の12試合連続盗塁の記録もマークしました。代走守備固めで留まらず、レギュラー級にまで成長しましたね。


育成4位の大竹は、制球の良い左腕。大卒2年目の昨季には先発ローテ入りして好投するのですが、打線の援護がなくなかなか勝ちがつかないという試合が続くうちに、不調に陥り8月で抹消、5勝4敗の成績を残しました。3年目の今季はファームで主要な投手タイトルを総なめにしたのですが、1軍での出番は少なく3先発で2勝に終わりました。層の厚いホークスならではの選手運用…と、先と同じ感想が重なります。


直球の質が魅力の尾形や、パワーが魅力のリチャードにも期待が高まっていますが、2人ともファームでの成績がまだまだといったところ。モノになれば大きいですが、戦力になるのはまだ先という感じです。

2017年ドラフト<読売ジャイアンツ編>更新版

以前、ジャイアンツの2017年ドラフトについて、このような記事を書きました。

 

koryusai.hatenablog.com

 

上記記事は18-19年シーズン2年分のみに基づいた評価でしたので、20年シーズンの結果を反映させ、3年分の成績で再評価を試みたいと思います。どのような選手が伸びてきたのでしょうか。
選手名の横の数値は、20年シーズン終了までの通算成績、横の数値は20年シーズンで積み上げた数値です。

 

外れ 清宮幸太郎
外れ 村上宗隆
1位 鍬原拓也  53.2  +7
2位 岸田行倫  13   +13
3位 大城卓三 201   +74
4位 北村拓己  17   +17
5位 田中俊太 108   +18
6位 若林晃弘  93   +36
7位 村上海斗   0
8位 湯浅大    0
育1 比嘉賢伸   0
育2 山上信吾   0
育3 笠井駿    0
育4 田中優大   0
育5 広畑塁    0
育6 小山翔平   0
育7 折下光輝   0
育8 荒井颯太   0

 

1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで485.2Pになります。


1位の鍬原は、ドラ1の期待に応えられることなく、3年目のシーズン終了と共に育成契約になりました。1位がこれだと失敗感がでてくるのが普通ですが、2~6位までなかなか魅力的な野手が揃い、悪くないのがこのドラフトです。


阿部慎之助の後継者探しのため、2位3位と続けて捕手が指名されました。どちらか1人はモノになってくれればという思いだったかもしれませんが、どうやら2人ともモノになりそうな気配です。2位の岸田は19年シーズンのファーム成績が好調でしたが、今季は1軍で第3捕手としての居場所をつかみ、OPS.782の好成績を残しました。3位の大城は今季も正捕手として活躍、OPS.751の好成績を残し、ベストナインにも選ばれました。これに炭谷を加え、充実した体制が整ったジャイアンツ(小林が第4捕手ですから)。レベルの高いレギュラー争いになりそうです。


4位の北村は19年シーズンのファーム成績が好調でしたが、今季はいよいよ一軍での経験を積み始め、OPS.659の成績を残しました。二塁は吉川がファーストチョイスであり出番は多くありませんが、もう少し出番を与えて成長を促したい選手です。6位の若林は二塁に加えて外野でも起用され、OPS.631を記録。便利屋感が強いですが、外野手の高齢化が進んでいますので出番は増えそうです。


5位の田中は今季は一軍でOPS.714の成績を残しているのですが、チームとしては北村や若林の方にポテンシャルを感じたのでしょうか。梶谷のFA移籍の人的補償としてベイスターズへの放出が決まりました。(15年ドラフト5位の山本もタイガースに放出されており、内野手の整理が進みましたね。)

2017年ドラフト<千葉ロッテマリーンズ編>更新版

以前、マリーンズの2017年ドラフトについて、このような記事を書きました。

 

koryusai.hatenablog.com

 

上記記事は18-19年シーズン2年分のみに基づいた評価でしたので、20年シーズンの結果を反映させ、3年分の成績で再評価を試みたいと思います。どのような選手が伸びてきたのでしょうか。
選手名の横の数値は、20年シーズン終了までの通算成績、横の数値は20年シーズンで積み上げた数値です。

 

外れ 清宮幸太郎
1位 安田尚憲  95 +87
2位 藤岡裕大 261 +72
3位 山本大貴  16.2 +13.2
4位 菅野剛士  94 +58
5位 渡邉啓太  28  +0
6位 永野将司  23 +15
育1 和田康士朗 12 +12
育2 森遼大朗   0

 

1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで529.2Pになります。


1位の安田は、高卒2年目の昨季には一軍昇格することなく、ファームでじっくりと腕を磨き、ファーム本塁打王打点王のタイトルを獲得します。3年目の今季はいよいよ一軍を本格的に経験しました。積み上げた成績は、446打席でOPS.647(打.221 出.326 長.321)の本塁打6本です。清宮(226打席でOPS.623)と大差ないんじゃないかと思われた方もいるかもしれません。しかし、清宮の成績はシーズン通してこのくらいであったのに対して、安田は6月に適応に苦しみ絶不調、7月に好調、8月に並み、9月に好調で、10月以降は息切れして不調と、波がありました。スタミナアップとペース配分の工夫がなされれば、さらに成績を上げていけそうな気がします。一軍でフルシーズンを戦ったことは大きな自信になるはずですので、新シーズンの活躍に期待ができそうです。


代わって心配なのは、2位の藤岡。大卒1年目から遊撃手のレギュラーですが、1年目からのOPSの推移は.599→.658→.624と、打撃が伸び悩んでいます。かといって藤岡以外にこのポジションが務まる選手がおらず、彼を起用せざるをえないというのが、マリーンズの弱み。昨ドラフトでは3位で小川龍成という内野手を獲得しましたので、新シーズンではポジション争いになりそうです。


昨季のファーム成績が好調だったのが、4位菅野。今季は開幕こそファームでしたが、7月からレギュラーに定着、275打席でOPS.748を記録しました。また、育成1位の和田は代走守備固め要員ながら23盗塁(3盗塁死)を記録。一軍に欠かせない存在になっています。

2017年ドラフト<東京ヤクルトスワローズ編>更新版

以前、スワローズの2017年ドラフトについて、このような記事を書きました。

 

koryusai.hatenablog.com

 

上記記事は18-19年シーズン2年分のみに基づいた評価でしたので、20年シーズンの結果を反映させ、3年分の成績で再評価を試みたいと思います。どのような選手が伸びてきたのでしょうか。
選手名の横の数値は、20年シーズン終了までの通算成績、横の数値は20年シーズンで積み上げた数値です。

 

外れ 清宮幸太郎
1位 村上宗隆 249  +130
2位 大下佑馬 101.2 +16.1
3位 蔵本治孝  12.2  +0
4位 塩見泰隆  60   +43
5位 金久保優斗 10   +10
6位 宮本丈   55   +40
7位 松本直樹  17    +3
8位 沼田拓巳   1    +0

 

1P=1安打=1回とすると、この年のドラフトはトータルで506.1Pになります。


1位の村上は、この年のドラフトで最大のアタリですね。高卒3年目の今季は本塁打数こそ昨季から減少(36→28)しましたが、打率が3割超え、OPSが1.000超えと、球界トップクラスの打者に成長しました。


2位の大下は、大卒後に社会人野球を経て入団しましたが、2年目3年目と、徐々に数字を落としています。2位で獲られる「即戦力投手」はあまり成功しない印象がありますね(結局、完成度は高いものの、1位指名される選手と比べると潜在能力が足りないということでしょうか。)。


19年のファーム成績が好調だったのが、4位塩見と6位宮本。塩見は外野でレギュラー争いに挑戦中で、OPS.856と出れば活躍できるところを証明しました。宮本は、怪我がちだった山田哲人に代わって二塁で多く起用され、OPS.731を記録しました。山田はFA移籍せず、三塁には新外国人ということで、今季は宮本の出番は約束されていませんが、出番を見たい選手です。